北陸キャンプ – 1日目 – 雨晴海岸、氷見(2015/10/31)

3泊4日で北陸方面へキャンプに行ってきました。
当初の計画では富山と新潟の絶景を見るキャンプと題して、

  • 雨晴海岸のけあらし
  • 富山の中心街
  • 世界遺産の五箇山の合掌造り
  • 砺波平野の散居村
  • 称名滝
  • 黒部峡谷鉄道のトロッコ列車
  • 星峠の棚田

を巡る予定でした。詳細は後ほど。3泊4日と長めの旅行とは言え今見ても盛り沢山ですね。

天気予報ではキャンプ日程の10/31-11/3までほぼ毎日雨マーク。出発予定日の一週間前から毎日予報とにらめっこをしながら、なんとか晴れマークが出ないものかと祈りつつ過ごしていました。
残念ながら天候は大きく変わることはなく、出発前日まで出かけるかどうか悩んでいましたが、10/31の曇り、11/1の晴れを確認して予定どおり行くことにしました。11/2だけはかなりの雨になりそうですが行きたい気持ちには勝てません。この日のために今までにないぐらいキャンプ場や観光場所をたくさん調査したことですし。

仕事から帰ってから夕飯を済ませたら、エルモをシャンプーして11:30過ぎに出発。関越を順調に進み高坂SAで休憩。ここでなんとダウンジャケットを忘れてきたことに気づいてしまいました。取りに戻るか迷いましたが戻ったが最後中止になりそうなのでそのまま行くことに。予定では合掌作りの五箇山でキャンプなのでかなりの寒さが予想されます。
出だしから俄然不安になってきましたよ。

今回の目的の1つの雨晴海岸を見るために、近くの雨晴松太枝浜キャンプ場の駐車場で仮眠しました。到着したのは朝の5時ぐらいでした。

image

仮眠から覚めたらエルモの散歩。
釣り人が何人か。何が釣れるんだろう。

image
image

散歩の後ご飯をあげたら雨晴松太枝浜(読み方分かりません)キャンプ場を偵察。目の前が海の松林にある無料のキャンプ場です。設備は必要最低限ですが、和式ながらトイレもありました。炊事場はかなり寂しい感じです。

image
image
image

今回は3泊という長めの滞在なので宿泊費用は抑えたいところ。無料のこちらも候補に挙げていましたが、近所の人が散歩に来たり、釣り人が来たりとキャンプするには中途半端な感じがして、釣りや海水浴目的でなければここに泊まらなくてもいいかなと思いました。今回釣竿持ってきてませんし。
今夜はもう1つの候補に挙げていた五箇山に泊まることにしました。

「絶景からはじまる旅」で見た雨晴海岸を見に行きました。朝の海に島のシルエットが浮かび上がってとても綺麗です。残念ながら「けあらし」と呼ばれる霧のような情景は見れませんでした。お腹が膨れたエルモは眠そう^^;

image
image

絶景を楽しんだところで朝ご飯。富山まで来たらやっぱり魚介を食べなければ。海鮮丼でも食べようかと道の駅に行くと開店前の様子。集まっていたおばさんたちに道の駅の場所が移動して、ここは事務所になったと教えてもらいました。新しい道の駅で食べるのもいいけど市場に「海寶」というおすすめのお店があるからそこへ行ったらどうかと教えてもらいました。

市場に行くと朝ならではの賑やかさ。二階にある「海寶」に行き、刺身定食を注文しました。
漁港で働く方たち向けのメニューもあり、三崎港の市場食堂を思い出しました。

いただきます!とあら汁に箸を入れた奥さんが悲鳴をあげたので何かと思ったらシマダイの縞模様にビックリしたようです。
さすが市場の食堂だけあり、新鮮でどれも美味しい。鯛に魚卵をまぶしたのや旬のブリも入っていました。氷見といえば寒ブリですよね。富山に疎い僕でも聞いたことあります。

image
image

今日は1日富山の中心街を回る予定でしたが、雲が多いので今日は五箇山観光にして、旅行中唯一の晴れマークがある明日富山を回ることにしました。曇り空では富山から遥か彼方の立山連峰を見れませんからね。

さあ、次は世界遺産の五箇山の合掌造りを見に行きますよ!


にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA