浩庵キャンプ場 – SUPキャンプ – 本栖湖 – 2020年8月20日

2日目の朝は朝からSUPを楽しむために5時過ぎに起きました。
サイトからは富士山のシルエットが綺麗に見えます。

早朝から漕ぎ出すカヌーやSUPがちらほら。我が家も出発。

今回のキャンプは奥さんの新しいボードの進水式。去年まで使っていたツーリングボードがマストフット周辺からエアー漏れしてしまったため買い換えたのです。マストフットなんて一度も使ってないからついてなければ多分もっと長く使えたはず。

新しいボードは僕のと同じファナティックのファルコンエアー。長さも幅も同じモデルなのですが、新しいモデルはカラーリングはもちろん、シェイプも変更されていて更にスピードが出そう。
一新されたシンプルなロゴに合わせてデザインもシンプルに抑えられていて、このボードはすごくかっこいいです。羨ましい。

新旧ファルコンエアーの大きな違いはノーズのロッカーだと思います。旧モデルはロッカーが付いていて波の上を叩きながら進むのに対して、新モデルはロッカーが見られずノーズが波に潜る様に進みます。
これは風の影響を受けやすいインフレータブルボードには大きなメリットになります。
ロッカーが付いていると風が吹くとボードの中心から回転する力が働いてしまい真っ直ぐ進むことが困難になりますが、ロッカーがないと回転が抑えられ直進性が高まります。

羨ましい限りですが、借りたボードを奥さんに返し自分のボードへ。

今年の本栖湖は梅雨の増水で例年より透明度が高いとのことですが、それほど違いがわかりません。変わらず綺麗です。

誰もいないビーチに上陸してグラムと遊びました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA