南伊豆夕日ヶ丘キャンプ場 – 伊豆 – 2015/10/3-4(1日目)

シルバーウィークの休みボケから抜けられない金曜日、お昼ご飯を食べながら急に思い立ち、週末に一泊でキャンプに行ってきました。行き先は2年前にも行ったことがある南伊豆夕日ヶ丘キャンプ場。

朝5時起床。前の晩に準備をしておいた荷物を車に搬入し予定どおり7時過ぎに出発。高速は大した渋滞もなく順調に伊豆半島入り。伊豆に行く時はいつも寄る「道の駅天城越え」でエルモの散歩と僕らの休憩をしてから更に南下します。

西伊豆経由か南伊豆経由か迷ったけど、買い出しのことを考えて行きは南伊豆経由にしました。食材は河津のアオキで調達。持ってきたクーラーバッグが小さいのでお酒は後で買うことにしました。

途中、尾ヶ崎ウィング近くの竜宮島で散歩。昔ロビンと来た時にロビンが一生懸命泳いだ場所だと思ったら違ってました。

image

image

南伊豆も西よりになると東ほど観光化が進んでおらずいい雰囲気です。
釣りに良さげな漁港を横目に見つつ、ほぼ予定どおり12時前にキャンプ場に到着。まだ時間が早いからか1番乗り。

管理人さんがいなかったので電話を入れると、D-1のサイトを確保いただいているとのこと。サイトへ行ってみると海を望むサイトではあるものの、景色を遮る木が多く期待する眺めではないことと、サイトの中に大きな木が立っているためタープが張れないことから、サイトの変更が可能か聞いてみることにしました。

ほどなく到着した管理人さんに確認すると、海側のサイトは予約が一杯でどこも空いてないとのこと。うち以外誰も来てないから選び放題だと思っていたのですが、なかなか人気ですね。
来週は3連休だし、この時期は空いていると思っていたのですが、念のため予約しておいて良かったかも。

海側ではないもののおすすめのサイトがあるとのことで、そちらを見に行くと、高台にあり海も綺麗に見えるし、海側の他のキャンパーとも距離を置けて落ち着けそうな雰囲気なのでこちらに変更しました。

image

細長いサイト形状のため、大きなヒルバーグのタープ20XPを張るには十分なスペースがなく、風もそこそこ強いので諦めました。前回来た時に凄まじい強風でタープポールが2本とも折れてしまい大変な思いをして以来トラウマになっています。

いつも以上にシンプルなサイト構成。草木の緑にナマッジ3 GTの赤が映えます。テント、タープ、カーミットチェア、コットは赤と緑で揃えています。

imageimage

モノラルの焚き火台は火床の交換時期が近づいています。

image

久々のキャンプにエルモもご機嫌。

image

お水を飲んでプハーッなエルモ。景色の良さにお水も美味しくなるね。

image

設営後一段落したところで場内をぶらぶら。こちらは新しく作られた一段高台にあるサイト。プライバシーも確保され眺めも最高。ちょっとお高いので今回はパス。

imageimage

体を動かしたらお腹が空いたので腹ごしらえ。

キャンプ場隣接の「しいの木やま」でランチを食べました。伊豆牛のオムライスと自家製ベーコンとキノコのパスタ。どちらも絶品ですが、特にポルチーニ茸を練り込んだ生パスタは次来た時も食べたい逸品。明日の朝用にフォカッチャを買って帰りました。

imageimageimage

お腹が膨れたら最寄りの漁港へ釣りに行きました。

image

風が強く堤防では足元が波を被ることも。風が強い日は釣れない印象があるロビエル家ですが、なんとかカマスとメッキが釣れました。

困った時のメタルマル。強風下でも遠投出来て本当によく釣れます。

image image

暗くなり始めたので納竿。温泉に入ってお酒を買おうと思ったら、釣りに夢中になり過ぎて温泉に入り損ねました。しかもコンビニも近くに無く30分ほど車で移動することに。焚き火を前にアルコール抜きになるかと焦りました。行きがけに買ってくればよかった^^;

夜はアオキで買ってきた焼き鳥とホルモンをメインにバーベキューと焚き火を楽しみました。

天の川まで見えるほどの満天の星。

image

焚き火を見ていると本当に心が休まります。

imageimage

少し寒そうだったので寝袋でくるみました。

imageimage

コーヒーやスープ用のお湯を作るのにちょうど良いサイズ。付属のカップも断熱性が高く便利です。

設営、撤収が簡単でコンパクトに収納できます。
我が家は夫婦二人と犬2匹でジャストサイズです。

広げれば大きく畳めばコンパクトと我が家には理想的なタープです。

見た目も良くロースタイルキャンパーにおすすめです。
我が家はテントとタープの色に合わせて赤と緑を使用しています。

柔らかい光が魅力のロビエル家のメインのランタン。灯油だから経済的。

布製の焚き火床が特徴のコンパクトな焚き火台。

キャンプの時は一眼で。

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA