キャンプで美味しいコーヒーを ポーレックス コーヒーミル

ロビエル家はコーヒーが大好き。
自宅で飲む毎朝のコーヒーは勿論、キャンプの時もハンドミルで豆を挽いてからコーヒーをドリップしています。

ミルを買った当初は、さすがに平日の朝から豆を挽いている時間は無いだろうと、平日用に挽いたもの、休日用に豆のままのものと2つ買っていたのですが、気づいたら豆のままのみになっていました。
少しの手間と時間をかけて、挽きたての香り美味しさを楽しんでいます。
 
使っているミルは、ポーレックスのセラミックコーヒーミル。昨年秋のキャンプラビットでデビューして以来毎朝お世話になっています。
 
数多くあるコーヒーミルの中でこれを選んだポイントは、携帯性と頑丈さ、そして使い易さです。
 
キャンプ場での使用が前提なので、気楽に持ち運べて壊れにくいことが重要です。
よくあるミルと異なりスリムでコンパクトな形状は、キャンプの時の大荷物でもあらゆる隙間に潜り込ませられるし、少々ぶつけても大丈夫なステンレス製。
この先長く、しかも毎日使うことを考えると使い易さも外せません。
豆を挽くのに強い力は不要で、時間は2人分で3分程度。挽き始めはゴリゴリと音と振動が伝わって来て初めての時は「おーっ」と感動しました。挽き終わりは「ふっ」と抵抗と音がなくなることで分かります。
挽く時には別売りのシリコンゴムがあると本体を持つ手が滑りにくくて便利ですし、ハンドルの収納にも役立ちます。
豆は油分を多く含むので、分解して丸洗い出来る点も便利です。うちでは豆の種類を変える時に洗っています。
セラミックの刃は金属の刃と比べて、金属臭やサビの心配もなく、コーヒー豆を劣化させる摩擦熱が発生しにくいのもポイント。
キャンプ場で朝に飲むコーヒーはただそれだけで格別ですが、挽きたてのコーヒーの香りがサイトに広がると、更に贅沢な気分に浸れます。しかもほんの3分ゴリゴリするだけです。

 

※写真は昨年のキャンプラビットの時のもの。冒頭の写真のコーヒー豆は那須のHakoyaで買ったもので、大きさや形、色を見るだけで質の高さが分かるおすすめのお店です。
濃い目のコーヒーが好きなロビエル家はこちらの大きいサイズを使っています。シリコンゴムが別売りになります。

【ポーレックス】セラミックコーヒーミル

豆を挽く時の滑り止めとして、ハンドルの収納としてあると便利です。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA